10月の釣果


 

数釣りに挑戦の巻

10月19日(日)晴れ

釣行場所:三崎  時間:AM6:00〜AM11:30

大潮 満潮:14:19 干潮:4:59 (芝浦地点)


昨夜、大連から帰国し、体はくたくた!ゆっくりと静養にあてようと思ったが、やはりどうしても釣りがしたくて高台に突撃してしまった。実は、今日は勝沼マラソンにも出る計画があったのだが、体力が持たないと判断し、大海原の空気を吸いに高台に行った。

今日の課題は”数釣り”。大切な海洋資源を根こそぎ乱獲する事に関しては良心の呵責を感じるが、せめて美味しく食べてあげようという善意はある。先週は、かなりのエサを取られてしまい、今日は、そのあたりの対応を自分なりに考えてみた。

5時半に高台の先端付近の右手に到着。今日の道具は黒鯛用のヘチ竿にタイコリ−ルというのはいつもと同じであるが、仕掛けにサビキ釣りで使用するトリック6号を使用した。重りは5号とかなり軽め。通常、重りは水深と同様の号数を使うと言われており、ここの場所は15メ−トルの水深がある。(満潮時)従って、15号を使うのが通常と言われている。ただし、朝のまづめ時の活性が高い時は、カワハギは中層で食ってくるし、中には、残ったエサを追いかけて水面まで上がってくる時もある。私は、基本的に重りは軽い釣りが好きである。理由は当たりがダイレクトに伝わりやすい事。更に、魚が掛かった時の引きもダイレクトに伝わりやすい事である。

今日は、トリック6号に、大きめのアサリを水管、ベロ、ワタ等、5分割程度にして、トリック6号のハリに包み込むように針先を隠して軽い重りで開始しした。要は、小型のカワハギの大群がいる中で、彼らの口に合うサイズのエサを一飲みさせようという寸法である。カワハギの場合は、”小は大を兼ねる”であり、この仕掛けで25センチクラスも過去に釣り上げたことがある。この方法は活性が高い時間のみに有効であり、活性が低くなると、水管やベロには興味を示さなくなり、ひたすらワタを狙ってくることは過去の経験から知っていた。

すると、案の定、落し込み途中の中層での当たりが伝わり、ほとんど入れ食い状態となる。型は15センチクラスが主流で大きくても19センチ止まり。バタバタと約20匹程釣り、西風が強くなり寒くなってきたので7時半頃、場所を高台の付け根地点に移動する。

今日の高台

高台の付け根をうろうろしていると、なんとこのHPで知り合った宮本さんと出会う。おまけに、彼女と彼女のご両親に愛犬まで登場だ。こうして、みんなで、高台の付け根付近でカワハギ釣りを楽しんだ。今にして思うと、宮本さんは今日、高台へ突撃するというメ−ルを以前いただいていた記憶あり、私は、”勝沼マラソンの為、突撃無し”と返信していた。失礼しました!

下の堤防

高台の付け根では、北は風が強いので最初は南を攻めてみたが、当たりは無く、北側を攻める。北西風が強く、重りを6号、7号と変え、エサも小ぶりのアサリ丸ごと付けて釣り開始。(活性が下がってきていると予測した為です。)仕掛けも、ハゲ針3本に超ショ−トハリスに変更した。(エサの大きさに同調させる為)すると、まづめ時よりは活性は下がっているが、ほぼ2投に1匹の割合でカワハギが釣れ、この状況は10時頃まで続いた。

本日の釣果

終わってみれば、小型主体だが39匹のカワハギが釣れてしまった。(最大は19センチ)

宮本さんの釣果

二人共ご満悦!

宮本さんも、アオイソメとアサリをうまく使い分けながら15匹のカワハギを釣り上げていました。また、カワハギ初挑戦の宮本さんの彼女のお父様も型をみたようでみんなで秋のカワハギ釣りを満喫できました。良い天気に恵まれた秋の大海原の空気をいっぱい吸って、日頃のストレスの解消になりました。

まとめ:今日はとにかく当たりをキャツチし数を釣る事を目標にしましたが、なんとか思い通りに釣りを楽しむ事ができました。また、重りの使い分けについては、水深、竿、ミチイト、針、活性の状況で一概に言えない難しさがありますが、使い分ける難しさと奥の深さを感じました。使用したアサリは2.5パック。本当に奥が深い釣りと思います。今年は、大型が不調ですが、まだまだカワハギの活性は高く、あと一ヶ月は続くと思われます。一年で最も釣りの楽しいこの時期、釣りを満喫したいと思います。宮本さん、そして宮本さんの彼女にご両親、また機会あればご一緒しましょう!今日はお世話になりました。


 

陸っぱりカワハギシ−ズンのピ−クに来たぞ!の巻

10月12日(土)雨のち曇りのち晴れ

釣行場所:三崎  時間:AM5:00〜AM11:30

大潮 満潮:5:50 干潮:11:54 (芝浦地点)


三崎に着いたのが朝4時。どしゃぶりの雨の中を一人高台へ突撃。先端付近で釣りの準備をしながらビ−ルをぐびぐひして、5時半に釣り開始。エサはアサリ。6時過ぎるとかなり明るくなり、そこから怒涛のラッシュが始まる。いきなりの確率変動モ−ドに突入している様子。小粒のアサリを丁寧に着けても10秒は持たない状況で活性がめちゃくちゃ高い。小型が多いが相当数のカワハギの群れが接岸しているようだ。なんとか、小型主体に18枚のカワハギと塩焼き用シマダイ2枚をキ−プしたが、アサリ5パック分を8:30には使い切ってしまった。いやはや、これには参った。

シマダイ2匹とカワハギ18匹

荷物を片付けて、堤防の中ほどに行き諏訪田さんと合流。6枚程度の20センチ超のまずまずの型を既に釣り上げていたが、やはりここでも怒涛のエサ取り軍団の襲撃に合い、当たりすらつかめないまま、アサリ3個あっという間に取られてしまっている。そこで、ハリを小さめのキツネ針に交換し、エダスもかなり短めで当たりが出やすくし、アサリを水管、ベロ、キモに解体し、それぞれをハリに埋め込むように小さくつけてやっていただいた。

すると、あら不思議。当たりがはっきり取れるようになり、一荷釣りも含む入れ食いが始まった。終わってみれば、なんと二人で小型主体だが34枚のカワハギを釣ってしまった。

一荷で釣れちゃったりする!

ほとんどが諏訪田さんの釣果(最大21センチ)

まとめ:陸っぱりカワハギの最高潮が来ていると思います。ただし、今年は小型がかなり多く、エサをなるべく小さく、そしてハリも小さくするのが効率的と思います。海の中は、まだまだ夏の終わりの季節のようで、釣れたカワハギは暖かかったようです。釣れたカワハギは、小型は特に包丁でなく料理バサミで回りをカットすると捌くのが楽というのを発見しました。内臓を取り皮を剥いだら、ラップして冷凍しておけば、いつでも空揚げ、煮付け、味噌汁、鍋で戴く事ができます。お試しください。釣った魚に感謝しつつ、全て美味しく戴くように努力しています。それが命を私に捧げてくれた魚への恩返しと思っています。来週も日曜日に突撃します!

 


タツさんと高台で一日まったりの巻

10月4日(土)曇りのち晴れ

釣行場所:三崎  時間:AM5:30〜PM4:30

小潮 満潮:12:44 干潮:5:41 (芝浦地点)


釣り仲間のタツさんと高台で一日まったりした。狙いはメインがカワハギで、お遊びとしてタツさんは、サンマ身エサのカサゴ狙い、私はエギングでのアオリイカ狙いにルア−での青物狙いとブッコミ(サンマ身エサとササノハベラ)でのヒラメ?狙い。

早朝5時半に高台に到着し、早速、高台付けねの南側でカワハギ狙い開始。すると、いきなりクックッ、キュイ−ン、カンカンカン・・とカワハギのお出まし!型は小さいが怒涛の入れ食いが7時まで続く。入れ食いが一段落したので先端付近の北側でうろうろしているとタツさんのお出まし!

バッチリと決まったタツさん


しかし、ここからがいつものようにパッとしない状況が続く。やはり、下げ潮は良くないようだ。ポツポツと二人で拾い釣りするも今日はいかんせん型が小さい。いつの間にか、カンチュ−ハイ2本と発泡酒2本空けてしまい、二人でランチタイムの後、潮どまりということでしばしお昼寝タイム。

2時半頃からむくむくと起き出して釣り開始。上潮がとろとろ流れいい感じ。すると、またまたカワハギが釣れ始める。シマダイも時折まじったりしつつ、型もだんだん良くなり、期待に胸を膨らませているうちに、エサが切れてしまった。アサリ5パックでは足りなかったようだ。この時間帯は、持参したアオイソメでも食ってくる。アオイソメも無くなりカワハギ終了。

タツさんは、完璧に決まったファッションだけでなく、経験と天性の素質を感じさせる釣り味を持っており、大変勉強させていただきました。特に合わせから掛ける動作が凄く綺麗と感じました。

日が暮れる時間となり、ブッコミをやりつつアオリのエギングとルア−に挑戦しましたが、根掛かりでエギを一つ無くした以外は予想通り何も起こらなかった。

高台から夕日を眺める


まとめ:今日は、かなり食いが渋かった。また、小型が多く20センチ超はほとんど混じらず。しかし、早朝、隣りの人が25センチを確実に超えている超大物を取り込んだのをしっかり見てしまった。・・ということは、大型はいることはいるようだ。惜しいのは、上潮が効きはじめて良い感じになってきた午後3時半頃、エサが尽きてしまったこと。ちょっと悔いが残る。でも、高台で本当に気持ち良い一日を送り、日頃の疲れやストレスがぶっ飛んだ感じ。タツさん、有難う。またご一緒しましょう!

本日の釣果(カワハギ小型ばかり23枚にシマダイにカゴカキダイ)

(その他海にお帰りいただいた方々は、ササノハベラ20匹程度にキタマクラちゃん15匹程度)