月の釣果


北九州遠征釣り&長野さん宅訪問の巻

7月20日(日)曇り時々晴れ

釣行場所:新門司港  時間:AM5:00〜AM11:00

中潮 満潮:8:34 干潮:03:02 (芝浦地点)


お世話になっているテニス部の仲間で、北九州の実家に帰られている長野さん宅を訪問。北九州の小倉近辺の新門司港という所でサビキ釣りと穴釣りを二日にかけて楽しんだ。

何故か、阪神タイガ−スの旗を持って(持たされて)北九州空港のゲ−トから登場!ほとんど釣りおじさんです。(7/19 21:00)

初日は、こんな感じのところで釣り開始。なんの変哲も無い車横付け可能な、どこにでもある漁港。前前日の豪雨の為、茶色に濁っている。・・・こんなところで一体何が釣れるだろうか?・・と一抹の不安が脳裏をかすめる。

まずめ時のゴ−ルデンタイム。こんな感じでサビキをしている長野さん。

そうこうしているうちに、太刀魚が釣れてしまいました。仕掛けはピンクスキンのサビキにアミエビを付けただけ。これで、フッコ、太刀魚、サッパ等、いろいろ釣れてすこぶる面白い。回りの地元のおじさんは、浮きに一本針、これにアミエビを付けて太刀魚を上手い人で20本以上釣っていました。こんな所に、太刀魚がうようよしているなんて新発見!

二人の釣果。太刀魚にフッコ、サッパにコノシロ。これらを空揚げにして、ソ−スを少し振って、その上にオラオンスライスとピ−マンスライスを乗せて、サラダのドレッシングで戴きましたが、これは美味かった!(ちなみにフッコの洗いは美味くなかった)


7月21日(月)曇り時々晴れ

釣行場所:新門司港  時間:AM8:00〜AM11:00

小潮 満潮:9:36 干潮:03:56 (芝浦地点)


二日目は、新門司港の別の場所で穴釣りを楽しむ。テトラとゴロタ場の穴に重り5号、チンタメバル10号の針を付けてブラクリ風に落とし込む釣りである。エサはアオイソメ。

釣りとは全然関係ないが、長野さんのお部屋。いつもながら、きちんと片付けられてこぎれいな家です。前夜は、小倉の立ち飲み屋で焼酎を相当飲んだ為、二人共いささか二日酔いで釣りに突撃。こんなんでテトラを飛び回るなんて大丈夫なのだろうか?

二日酔いというかほとんど酔っぱらっている長野さん。右手がテトラとゴロタ場。いったい大丈夫なんでしょうか?こんな所に魚がいるんでしょうか?

二人の釣果。というか、ほとんど長野さんの釣果です。やはり魚影は濃く、普通に歩けるゴロタ場にこんなんがうじゃうじゃいるというのは、見抜けませんでしたなぁ。場荒れしてないです。クジメにカサゴっぽいのはソイのようですが如何でしょう?

カサゴを空揚げでビ−ルと共に戴きました。二度揚げしたやつは、カリカリして新鮮で美味かった!

・・ということで、北九州遠征釣り&長野さん宅訪問は、楽しく予定通り終了。魚も釣れたし、美味しい立ち飲み屋やラ−メンを戴けたし満足です。そして何よりも、長野さん、そして長野さんのお父様共々、元気で生活しているのを見て、安心しました。いろいろ有難うございました。今度は大潮を狙っておじゃましたいと思います。有難う!

長野さんのHPにもあります!以下クリックしてね!

http://nantomo.timna.sytes.net/turitomo/newpage1.htm