6月の釣果


6月22日(日)晴れ時々曇り

釣行場所:横須賀海辺釣り公園  時間:AM4:00〜AM6:00

小潮 満潮:10:18、干潮:05:06


最近は、SARSの影響で4月以来中国に行っていない。でも、日本各地を毎日のように飛び歩く生活が続き、いささかへばり気味だ。先週は大阪、高松、名古屋と出張してきたが、やはり高松が良かった。田舎育ちの自分にとって、やはり田舎の空気が合うようである。素晴らしい海と山に囲まれた自然の中で生活してみたいと無性に思う今日この頃。

さて、この土日は梅雨の中休みといった感じで、釣りが無性にしたくなった。ボ−ト釣りも考えたが、近所の横須賀海辺釣り公園でお気軽にまったりとサビキ釣りを楽しむ事にした。思えば、この公園は自分にとって釣りの原点である。1998年には、毎週のように通い、サビキ一辺倒でアジ・サバ・イワシ等を釣った思いで深いところだ。

エサ一番さんに行き、コマセのアミブロック300円を買い、公園へ向かう。先端付近まで歩いて行くと、電気浮きを使って夜釣りを楽しんでいる二人組みがいる。あまりぱっとしていないようすで、のんびりとサビキ釣りの準備をして、ビ−ルを一杯やりながら朝日のあがる海を見る。大好きな一時である。

潮は流れておらず、回遊魚の気配すらないが、小さいメバルが3匹ほど立て続けに釣れた。その後は、ウミタナゴとキュウセンベラということで、アジ、イワシは回ってこなかった。回りも同様の様子で、タコ狙いの地元のおじさんが二人、それぞれ1キロ前後のタコを釣っていた。(そのうち一匹は私の釣り場の真下!)

本日の釣果。パッとしないけど、2時間あまりで、それなりに楽しめたし、今週の貴重な食材の確保が出来た。今日は、メバルはエノキ、それらタマネギに塩・コショウしてオリ−ブ油とバタ−でいただく予定。タナゴは一匹だけ塩焼きで戴く予定。残りは、内臓を取って、ラップして冷凍庫へしまっておく。空揚げにしたり、ムニエルにしたりしてきっちりと食べてあげたい。

それにしても大変な不景気で、収入が減り、苦しい中、毎週、食材の確保を目的に釣りをしたいとふと思ったりした。

まもなく回遊魚が回ってくる時期。二年前は、既にイワシやサバ、アジが釣れていた。

http://210.225.153.25/s_kato/200106.htm

7月にでも、みんなを集めて、ここでサビキ釣り大会を企画しようと思う。早起きしてすがすがしい爽快な朝の海でした。やっぱり”早起きは三文の得”ですね。