7月の釣果


7月14日(土)晴れ

釣行場所:丸秘ポイント&横須賀海辺釣り公園  時間:12:00〜7:30

小潮 満潮16:15、干潮:4:50


今日は、横須賀海辺釣り公園で、”大吟醸とアジのタタキで初夏を満喫する会”というのを企画した。    大吟醸は詩吟の横山先生からいただいたものです。

釣り仲間では、坂本さん、藤沢さん、長野さんが駆けつけてくれることになっている。僕は、金曜日は、仕事で大阪に日帰り出張し、帰宅したのが夜の11時。いったん布団に入ったが、ここで寝てしまったら3時には起きる自信がないし、わくわくしてなかなか寝付かれない。”え〜い、行ってしまえ!”と、釣り道具を抱え、エサ一番さんへ駆けつけた。

まずは、桟橋でタチウオのチェック。イワシが回っていれば、タチウオ狙いとしようと思ったが、着いてみると常夜灯の下には、クラゲがぷかぷかしている。イワシはいない。サビキ釣りのおじさんにいろいろ聞いてみたが、アジがポツポツ・・。”こりゃぁ〜今日は潮が悪いなぁ。”横須賀海辺釣り公園のサビキ大会も不調の予感がプンプン。ここで作戦を変更して、丸秘ポイントへメバル狙いに変更。

丸秘ポイントでは、メバルの胴付き仕掛けが無いので、サビキ仕掛けにアオイソをチョンガケにして投入。すると、なんとメバルが入れ食い状態!ここでは、今まで4回竿を出したが、いつも入れ食いだ。大きいのは20センチを超え、カサゴ、ソイも混じる。水深は50センチから1メ−トルだが、魚影はすこぶる濃い。

2時間で30匹釣り、エサが切れたので海辺釣り公園に戻った。

4時近くになり、藤沢さん達一行が到着。ちょうどその頃、あたりが薄明るくなる頃、僕が出していたサビキ竿がガクガク。あげてみると20センチ級のアジがかかっていた。みなさんは、準備に専念されており、アジの群れを止める事ができず、その後ポツポツと小アジが釣れる程度になってしまった。

やはり、潮が悪く、今回は、ほとんど釣果は無かった。

わざわざ府中から駆けつけてくれたみなさんには申し訳ないが、これも自然が相手なので仕方ないと思う。回りでは、カラス貝の浮き釣りでシマダイをベテランさんがあげていた。こんな釣りもなかなか趣があっておもしろいと思う。

今回は、青物は不調だったが、次回は、リベンジのを企画したい。桟橋にもタチウオが来る季節になり、黒鯛も狙える。9月に入るとカワハギだ。次回の企画を楽しみにしてください。遠路はるばる来られた皆さん、お疲れ様でした。

今日の釣果

煮付けと空揚げで晩酌しました。(美味いのはあたりまえですね。)