2月の釣果


2月25日(日)曇り時々晴れ

釣行場所:大津沖(船釣り)  時間:7:30〜11:30

中潮 満潮:6:30、干潮:12:21


いよいよ、このホ−ムペ−ジで知り合った西宮さんと、大好きないなの丸の午前アジへ出撃。

本当は、昨日の予定でしたが、天候が悪く、相談して今日に決定。今日のテ−マは、”どちらかが20匹釣ったら納竿し、船上でアジのタタキと日本酒を満喫する”ということでした。ここのところ、アジの食いは良好で、楽勝かと思いましたが、前半は下げ潮が速く、食いも今ひとつでした。終了間際に、入れ食いモ−ドとなり、私は、21匹で納竿しました。外道は、カサゴ、メバル、ウミタナゴ(チャリコかとおもっちゃいましたよ)でした。結局、船上での料理は不発でした。(次回に期待!)

西宮さんは、思ったとおり、好青年で、釣りも上手いです。手先が器用で、オマツリを解く手つきは流石だと思いました。釣りについては、黒鯛の短竿釣り等、なんか自分と全く同じで嬉しかったです。今日は、満員御礼で、潮が速く、オマツリも多発しましたが、皆さん、声をかけあって対応していました。ここのお客さんは、いつも、みんな紳士ばかりで気を使わずに楽しい釣りが出来ます。

真鯛のバトルトップの常連・近藤さんとも会って、”4.8Kgを私が抜きますよ!”と挑戦状を送っておきました。鯛もまた行きたいなぁ。今日は、北風が前半強く、肌寒く、波も高かったので釣りにくかったですが、今後は、暖かくなり、もっと楽しい釣りが出来そうです。みなさん、一緒に釣りやりましょうね!(テニス、フル−ト、東海道五十三次行脚も良いと思いますが、釣りは楽しいですよ。今度は、大勢で楽しみましょう!)

出船前の西宮さん。好青年です。(私と12歳も違うのね・・)

寒さに弱い加藤です。この日は、4回トイレに行きました。

出船前のひと時。この後、どんどんお客さんが来て満員に!

今日の釣果。型はいまいちでしたが、外道が混じりました。

アジのタタキと刺身です。今一でした。(料理方法が少し失敗しちゃった!)

外道のメバル・カサゴ・ウミタナゴは煮付けにしました。(ほくほくプリプリ!)

定番の空揚げ(美味いよ!ビ-ル飲み過ぎたぁ!)

 

ちなみに、今日のいなの丸さんの釣果です。

2月25日(日)

大きさ

外道

釣り場

水深

7:30アジ

10〜43匹

16〜26cm

大津沖

60m

13:00アジ

30〜64匹

16〜26cm

大津沖

60m

7:00マダイ

0〜1匹

0.4〜1kg

メダイ

久里浜沖

90m


2月13日(月)曇り

釣行場所:大津沖(船釣り)  時間:7:30〜11:30

中潮 満潮:7:45、干潮:13:47


今年二回目の釣り(いなの丸さんの午前アジ)

昨日、ス−パ−でちらっと見た鯵のタタキを無性に食べたくなってしまった。鯵フライも見た瞬間買う気持ちを抑えるのが大変だった。釣り人というプライドというか、あの釣りたての鯵の味がどうしても惣菜屋さんの鯵を買うことを許さない。・・・ということで、2/24にも釣友と鯵釣りを予定しているにも関わらず、今もなお釣れ盛っている鯵の味を求めて、近所のいなの丸さんのお世話になった。

昨年から今年にかけて、高水温のせいかどうかはわからないが、鯵と鯛が釣れ盛っている。今日は、先日3,980円で購入したビシ鯵竿の替え穂先の柔らかい方(負荷80-100)の按配をチェックするのも目的だ。また、今年の私の釣りのテ−マは、”釣りを楽しむ”という事で、家族が食べれる分(20匹)を釣ったら、竿をたたみ、熱燗をチビチビやりながら、景色や他の釣り人の釣りを見学しつつ、大海原の空気をいっぱい吸う事にした。

今日の釣り人は、私を含めて6名。私は、右舷の胴に釣座を構えた。船は、大津沖から若干走水沖に近い水深50〜60メ-トルのポイントでの流し釣りで、下げ潮がかなり速かったが、終始入れ食い!しかも、90%以上が20センチオ−バ−という凄い釣れ方であった。今日の穂先は、ビシ130号に対して負荷80−100なので、柔らかく、当たりがダイレクトに伝わってきて大変気に入った。気がついたら、あっと言う間に20匹を超えてしまい、予定通り、竿をたたみ、熱燗と景色を楽しんだ。船長からも暖かい紅茶の差し入れをいただき、大満足の釣行でした。結局私は、24匹でした!

今日の釣果(ほとんど20センチオ-バ-の金ぴかの鯵でした!)

ちなみに、今日のいなの丸さんの釣果は、

2月12日(月)

大きさ

外道

釣り場

水深

7:30アジ

35〜73匹

18〜28cm

大津沖

60m

13:00アジ

28〜89匹

18〜28cm

大津沖

60m

7:00マダイ

0〜2匹

0.5〜0.8kg

久里浜沖

90m

という感じで、鯵は凄いですよ。(私はカウント外のようでした。)

すぐ家に帰り、釣り道具と一緒に風呂に入り、愛用の包丁を丁寧に砥いで、早速料理を開始。

料理を始めようとした時、お腹の虫がぐうぐう鳴り、早速、一匹を塩焼きにしてホッピ−と一緒に戴きました。(ほくほくして、めちゃくちゃ美味かった!)

定番の鯵のタタキと刺身。今日のタタキは、白ネギ、万能ネギ、大葉、生姜、ニンニクに納豆を混ぜて、かなり細かく叩いてみました。

大葉の半面に小麦粉をまぶし、鯵の身とカイワレ、それにえのきを巻いて、爪楊枝で止め、160度くらいの油の温度でさっと揚げてみました。(こつは、揚げすぎないことです。)

定番の鯵フライ。やはり釣りたては違います!ホクホクして、これを食べたら街の惣菜屋では二度と買う気がしませんよ!(しかし、デカイ鯵だ!)

鯵の押し寿司。鯵をさっと三倍酢で〆、3時間程、押して出来上がり。(美味いよ!)

・・・という感じで、鯵釣りを楽しみ、24匹の鯵は、家族四人の胃袋に無事納まりました。この型になると家族四人だと24匹は少し多かったかなぁ。

24日も予定通りいなの丸さんの午前鯵のお世話になります。西宮さん、船上で熱燗と鯵のタタキを満喫しましょうね!