11月の釣果


11月25日(土)晴れ時々曇り

釣行場所:大津沖(船釣り)  時間:7:30〜11:30

大潮 満潮:4:49、干潮:10:21


どうも、最近、近所の”いなの丸”さんのアジが釣れているようだ。毎日、欠かさずホ−ムペ−ジをチェックしているが、悪くても20匹は釣れている。しかも、20センチ以上がほとんどみたい。・・・これは、行くっきゃない!悪くても10匹釣って、タタキが食いたい。寿司も食いたい。冷の日本酒で一杯やりたい!腹がぐうぐう鳴る。よだれが出る。・・ということで、久々に、船釣りに出撃しました。

今日は、天気も良く、北風が少し吹く程度で、絶好の釣り日よりでした。東京湾のコマセ釣りの鉄則として、北風&下げ潮=右舷という法則がありまして、(よく考えてみると何故かわかります)鉄則どおり、右舷の胴に釣り座を構えました。普段は手釣り専門ですが、今日は、竿でタナ取りを勉強したかったので、貸し竿でやってみました。(ビシ竿欲しいよぉ!)

お客さんは、全部で7〜8人。竿の人は、3人。あとは、手釣りといった感じで、ベテラン揃いで、皆さん大変お上手でした。今日は、食いは今一で、船長も猿島近辺をいろいろ探ってくれますが、パッとしませんでした。でも、釣れて来るサイズは、ほとんどが25センチ以上で、心地よい引きを堪能させて戴きました。

タナ取りですが、終盤にやっとわかりかけてきたようです。着底後、コマセを降るタナ、更に、その後上げるタナ、だいたい、この二つが取れれば、釣れることがわかりました。潮の速さが関係してくるので、いろいろ考えると難しいです。ただ、一度、パタ−ンにはまってくると、どんどんいける感じがしました。こつは、PEの色でタナを取ることだと思いました。極端ですが、50センチの狂いで食いは変わると思います。

ちなみに、いなの丸の今日の釣果(いなの丸さんのホ−ムペ−ジより)

11月25日(土)

大きさ

外道

釣り場

水深

7:30アジ

6〜39匹

20〜28cm

大津沖

20〜30m

13:00アジ

49〜78匹

16〜28cm

大津沖

20〜30m

7:00マダイ

1〜7匹

0.3〜0.7kg

イナダ3〜6

久里浜沖

50m

船長のコメント

アジ、午前まずまず、午後喰い活発になった

タイ、イナダ:良型出ずも、みんな釣れた、まあ、いいとしよう

・・午後行けばよかった!

釣り終了後、急いでネギや生姜を買い、早速、料理しました。

本日の釣果(アジ:21匹、メバル:3匹、カサゴ:1匹)

定番のタタキです。魚がイカッた(死後硬直前の柔らかい状態)時に料理すると味も最高です。

メバル、カサゴは、空揚げにしました。コツは、包丁で切れ目を何箇所か入れ、油の通りを良くすることと、160度くらいの温度でじっくりと、2〜3度揚げすると骨までカリカリと食べれちゃいます。ビ−ルに合いますよ!

今回、挑戦してみた”シソ巻き揚げ”です。アジはオオバと相性がぴったり。オオバの裏側だけ片栗粉をまぶし、その上に軽く塩をして10分寝かせたアジの身を乗せて巻き、爪楊枝で止めます。サラダオイルは160度くらいで、サッと揚げちゃいます。カイワレもついでに入れたりして遊んじゃいました。これは、美味しいですよ!ぜひ、みなさんも一度やってみてくださいね。

寿司も作ってみました。シャリり酢加減が薄かったようです。

ごちゃごちゃだけど、美味そうでしょう?

・・という感じで釣りは終了!釣って楽しい!料理して楽しい!食べて美味しい!

そろそろ、剣崎沖の深場にカワハギが落ち始めているようで、そわそわしてきます。カワハギのちり鍋、肝和えが食べたい。タチウオの刺身も食べたい。て゜は、また来週!


11月12日(日)曇り

釣行場所:平成町海風公園  時間:22:00〜7:00

大潮 満潮:4:30、干潮:23:12


約束通り、先週のリベンジを目的として、平成町海風公園へ釣行。

府中から坂本さんと長野さんが深夜の12時に駆けつけてくれるとのことで、お先に徹夜体勢で出撃。もちろん、狙うはタチウオ、アオリイカ、スズキ、イナダ。

北風が強く、真っ暗な海風公園を一人でとぼとぼと歩き、まずは、餌のアジ狙いのサビキを開始。(22時)

〜〜おおっ!いきなりの入れ食いタイムで型は小さいが、金ぴかの黄金アジがどんどん釣れる。”餌”をあっと言う間に、10匹以上確保して、のんびり、仕掛けを作っていると、府中からのお二人が到着。一緒に、アジを釣った。

今日は、アジは、深夜2時までで、朝マズメは全然ダメでした。アオリも×、イナダも×、スズキは、朝6時くらいに、アジの泳がせの人に55センチ級が一匹と、散々でした。

坂本さんも、初めてのサビキをカワハギ船用竿で堪能されており、長野さんは、さすがに慣れた手つきでサビキをされていました。本命は×でしたが、お土産(餌)はできたと思います。本当に、厳しい状況が続いています。4時から5時まで、泳がせしながら寝ちゃいました。眠くて眠くて・・。こんなの初めてです。ふと気づくと、ものすごい手ごたえがあり、慌てて起きてやりとりしましたが、またまた、鉄柱に回り込まれてジ・エンド!

帰ってから、料理を楽しみました。アジもなかなか美味いよ!また行きましょう!中国語のCD聞きながら、焼酎をチビチビとやりつつ、至福の3時間でした。

最後に:眠い!


長野さん(左)と坂本さん(右)(坂本さんの持っているのは、真鯛?)

今日の釣果(本当に綺麗な黄金アジです。)

定番のタタキと酢〆。少し、酢で〆過ぎました。

フライで戴きました!(今まで三枚におろした時の中骨を捨ててましたけどフライにしてみると、これが結構いけます。油の温度加減が難しいですね。勉強になりました。


11月4日(土)曇りのち晴れ

釣行場所:平成町海風公園  時間:2:00〜7:00

小潮 満潮:11:16、干潮:3:22


今日は、府中から駆けつけてくれた長野さんと二人で、平成町の海風公園へタチウオ、スズキ狙いで深夜釣行。結果は、残念ながら×でした!

ここのところ不調に陥っていますね・・・。

気温はさほど低くないのですが、風が強く寒さを感じました。

釣り場では、常連のおじさんがアジを釣っていたので、様子を聞くと、”ポツポツ釣れている”との事。早速、長野さんと二人でサビキ仕掛けで餌のアジを狙いました。常夜灯の下には、イワシの群れは見られず、うねりがあり、不安でしたが、すぐに餌にちょうど良い小アジがかかり、まもなく10匹を超えたところで、泳がせでタチウオ狙いに切り換えました。短竿にタイコリ−ルで泳がせましたが、反応無く、ルア−をキャストしてみました。

最初は、シンキングミノ−、その後メタルジグでキャストをくり返すも、当たりは無く、夜が明けてきたので、再び、アジの泳がせでスズキを狙うも、一回、大物を掛けて、鉄柱に回り込まれて痛恨のバラシがあったものの、結局、ハモノ狙いはボ−ズに終わってしまいました。あ〜あっ!

府中から駆けつけてくれた長野さんは、慣れた手つきでサビキにてアジ、サバをかなり釣っていました。

長野さんには、せっかくタチウオの仕掛けを自作されて来られたのに不調で、大変申し訳ない気持ちです。次回に期待したいと思います。懲りずに、また来てくださいね。

回りは、ハモノ師約4名で、イナダ1匹。後は、アオリイカがスカリに入っていました。常連の人によると、昨日と今日はダメで、先週はスズキが良かったとのこと。来週に期待したいと思います。

サビキでアジ・サバを釣る長野さん

本日の私の釣果(・・トホホ・・・)

サバは早速〆鯖でいただきました

アジは丸ごと空揚げで・・

余ったアジは、南蛮漬けで・・(これは一週間もちますよ)

 

最後に:

今回も不調でしたが、やはり釣りは楽しいですね。釣行前のワクワクしながら期待する日々の楽しさ。釣りをする時の楽しさ。釣り仲間が増える楽しさ。料理する時の創造力をかきたてられる楽しさ。食べて美味しい楽しさ。5つの楽しさに感謝感謝!そして、釣りの仲間と大自然に感謝!

また来週行きましょう!